本番で緊張しないためには…

模試の次の日

毎度毎度聞くのは

「なぜかわかりませんけど途中から-が+になってました」

「マークシートが途中から一列ズレてました」

「間違えて数Ⅰやってることに、30分経ってから気がつきました」

……こういうこと経験ありますか??

少なくとも僕は日常茶飯事でした。

現役の時も浪人の時も(T_T)

以前話題にした『ケアレスミス』であると最初は思っていました。

確かに見直しの仕方も下手でしたし

見直しの習慣もありませんでしたし

ケアレスミスを本気で解消しようとしなかったのは原因の一つです。

しかし……

原因はそれだけではありませんでした!!

試験中は常にテンパった状態である

ということに気がつきました。

テストで普段できることができないのも無理はありません。

そもそも試験中は、今にもミスしそうで仕方ない状態なのですから…

皆さんの周りで、めったにケアレスミスをしない人はいますか??

僕の周りにはいました。

いつも「羨ましいなぁ~」と思っていました。

ケアレスミスをする人としない人との差はなんでしょうか??

一言で言うと……

身体に染みついている試験のイメージ

です!!

間違えないで下さい!

頭ではなく『身体』です!!

簡単にいうとトラウマです!

元々試験中にあまりテンパらない人は、テンパる人の気持ちがわからないと思います。

逆に言うと、

いつとテンパる人は

『試験なんだからテンパって当たり前』

という最悪の認識をしてしまうのです!!

ここの認識の仕方だけでも

試験中に慌てることがなくなり

ケアレスミスがなくなった人は沢山います!!

とても大切なところなので、是非理解してくださいね!

それでは、具体的にどうやって落ち着くかについて話します。

今まで話してきたような精神状態になるためには……

何か一つリラックス法を調べて実践しましょう!!!

「なーんだ別に特別なことじゃないじゃん」

と思いましたか??

リラックス法とは、例えば深呼吸・呼吸法などのことです。

調べればわかると思いますが、何秒吸って何秒はいて、それを何回やるといったものなどです。

僕がオススメする理由をしっかり理解した上で、リラックス法を実践して欲しいのです。

リラックスするプロセスを別の視点から見てください!!

リラックス法を実践するからリラックスするのではないのです。

『リラックス法を実践しているからリラックスしてるぞ!』と思い込むことでリラックスできるのです!!

つまり、リラックス法そのものは何でもいいのです。

もっと言ってしまえば、自分でリラックスするための儀式を編み出してもいいのです。

要するに

自分がリラックスできるというジンクスになる行動を自分で作り出す!!!

ということになります。

『このペンを使えば絶対解ける!!』

というのと同じことですね!!

これもペンそのものに何か秘密の力があるわけではなく、そうなると信じているから実際解けるんです。

『このリラックス法をやれば必ずリラックスできる!!』

というジンクスを作るために

テストの度にそれをやって

その精神状態を習慣化してください!!

習慣化することでジンクスを作りだし

常に同じ精神状態でテストに臨むことが重要です!!

以上のことをまとめます。

本番で緊張しないためには……

自分のリラックス法を習慣化して

常に同じ精神状態を自分から作り出せ!!

です!

『緊張をほくずにはどうしたらいいですか??』

『どうしても緊張してしまいます』

というのは

頑張っていても成績が思うように伸びていない学生の多くが抱えている悩みの一つだと思います。

頑張ってるからこそ緊張するんです!!

なので勉強を頑張ってるという自覚のあるあなたほど緊張しやすいと言ってもいいでしょう。

『本番で緊張しない方法はありますか??』

という質問に対しては、ズバリ答えることは難しいです。

緊張する要因が一人一人違うからです。

しかし

僕から提案できることとしては上にあげたように

自分からリラックスした状態を『作り出す!!』

ことで解決できるということです!

あとはあなたがやるかやらないかです

本気で本番リラックスしたいと思う方は

是非実践してその効果を体感してください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする